2010年02月27日

安全委も運転再開容認=停止中の高速炉「もんじゅ」(時事通信)

 1995年のナトリウム漏えい事故後、14年以上にわたって運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、国の原子力安全委員会は22日、運転再開を容認した経済産業省原子力安全・保安院の報告書について、妥当と判断した。これで再開に向けての国の手続きは整い、地元の判断待ちとなった。 

【関連ニュース】
中国電、11年度採用計画は30人増=事務系も増やし210人
もんじゅ、運転再開を容認=ナトリウム漏れから14年
高速炉「常陽」でぼや=外部への影響なし
「競争」7割は1社入札=顧問雇用の企業グループ
柏崎原発6号機も営業運転再開=中越沖地震後2例目

ボンドの2000GTも…往年の名車、夢の競演へ(読売新聞)
相場操縦の元早大生ら、利益はキャバクラや賭博に(読売新聞)
<就職内定率>高校生は74.8% 下げ幅過去最大(毎日新聞)
【揺らぐ沖縄】普天間「県外移設を」 県議会が意見書可決(産経新聞)
知事選敗北「政治とカネの影響」=鳩山首相(時事通信)
posted by eakzchg7ty at 09:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。